小脳のトレーニング 小脳をトレーニングする事で、バランス感覚が養われます。小脳というのはもともとは、体の平均間隔を保っている部分だと言えますが、年を取るにつれて、急激に、小脳が弱っていきます。ですので、毎日の生活の中で、手軽に小脳トレーニングを行って、小脳の機能をUPすればバランス感覚が養われます。 小脳がもしも傷ついたり、年齢とともに機能が下がってしまうと、毎日の生活でもなんらかの影響は出てきます。そうなってからでは遅いですから、早目に小脳をトレーニングで鍛えることが大切なんです。小脳のトレーニングに効果的である方法を幾つかまとめてみたいと思います。まず1つめとしては、フラミンゴみたいなポーズして下さい。両足に同じだけ体重を掛けてしっかりと体のバランスを保ってください。そして片足を上げて、10秒キープ、次は反対の脚にして十秒キープします。これを繰り返すことで、小脳の刺激が与得られるでしょうから、それによってバランス感覚が養われるではないかと思います。ほかにも、小脳を鍛えるトレーニングの方法としては、後ろ歩きも効果が期待できます。 後ろ歩きは、何にぶつかるかわかりませんし、例え見えてあったとしても、普通に前を向いて歩くことと比べれば、少し不安があると思いますよ。この刺激が小脳に伝わる事で、小脳のトレーニングに繋がるはずです。後ろ歩き、フラミンゴのポーズの他には、糸を針の穴に通じてみたり、右ききの方が左手で絵を描くなどが刺激を与えるトレーニングものですー